ジェネリック医薬品とは

そもそもジェネリック医薬品とはなんぞや?



ェネリック医薬品とは、一言でいえば、
『新薬の特許が切れた後に、その新薬と同じ有効成分を使用して作成される安価な薬』のことです。


一般的に、ある薬が新たに開発された場合、その新薬の開発元の会社は
新薬の特許を取得することで、20〜25年間はその新薬を独占的に作成する権利を
得ることができます。


新薬の作成には、研究や実験を何度も重ねて製作されるということもあって、
とてつもなく長い期間と資金が必要になります。

そのため、やっとの思いで発売までこぎつけた新薬を、ほかの会社にパクられたりでもしたら
血の涙を流すほど悲しいことになりますよね。

時間とお金をかけて作り上げた作品を横取りされるようなものですから。


こんなことにならないよう、新薬を開発した会社には、一定期間の間独占的に
新薬を開発できる権利が与えられるというわけです。


そんな新薬ですが、特許取得から20〜25年もすると、この特許が切れます。
特許が切れると、ほかの会社もこの新薬と同じ有効成分を使った製薬が可能になるんですね。

ここで作成されるのがジェネリック医薬品というわけです。



ジェネリック医薬品が安い理由




で説明したジェネリック医薬品ですが、一般的に新薬よりも安価です。

新薬の開発には長い期間と莫大な資金が必要になるため、
それに伴って、発売される新薬の価格はつり上がります。
製薬会社もボランティアで薬の研究や開発を行っているわけではないため、
せっかく新しく開発した薬を二束三文で売るようなことはできないということですね。

これに対してジェネリック医薬品の場合、
新薬に使用されている、すでに『有効であると実証されている』、『安全であることが実証されている』
成分を使用して薬を作成するため、薬の開発にかかる時間もお金も少なくて済みます。

そのため、元の新薬よりも安価に提供することができるというわけです。
一般的には、新薬の価格の2〜5割程度で購入できますよ。



ジェネリック医薬品の効果はどれほどのものなのか?




述した通り、ジェネリック医薬品に使用されている有効成分は、
すでに新薬にて『効き目があることが実証されている成分』です。

そのため、新薬を服用した場合と同等の効果を
ジェネリック医薬品を服用した場合にも期待できると言えます。


新薬とジェネリック医薬品で異なる点は、以下のようなものがあります。
 

薬の形(錠剤の形状など)
薬の味
薬の色
薬の添加物(コーティングなど)

ただ、これらの項目を新薬と異なるものにする場合であっても、
薬本来の効き目や安全性を損なうような変更をすることは許されてはいません。
当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

そして、新薬と同じ有効成分を使用したジェネリック医薬品であっても、
有効性の試験や生物学的試験など、数多くの厳しいチェックをクリアしなければ、
ジェネリック医薬品として販売されることは許可されません。

日本のジェネリック医薬品の承認基準は、ほかの国々の承認基準とは
比較にならないほど厳しいものなので、ジェネリック医薬品と新薬で、
その効果に大きく差が出るということは考えにくいでしょう。



ジェネリック医薬品が日本で普及していない理由




れまで説明してきたジェネリック医薬品ですが、一見するとメリットだらけですよね。
こんなメリットたくさんのジェネリック薬品が、いまだ日本ではあまり普及していないのは
なぜなのでしょうか?

理由は色々あるとは思いますが、一般的な理由としては、
日本と欧米の保険制度の違いにあると思われます。

日本ほどの手厚い医療保険制度を備えている国は結構珍しく、
アメリカやその他の国々では、病院で普通に治療を受けて薬を処方されるとなった場合、
かなり高額の処置代や薬代を請求されます。
アメリカでは、薬代はほぼ100%、自己負担になってしまうんだとか・・・。

そのため、少しでも医療費を安く済ませるため、新薬と同じ効果を得られ、
値段は新薬よりも格段に安いジェネリック医薬品が普及しているわけですね。


日本の場合、病院でお金を払うことになったとしても、薬代金として
べらぼうな金額を請求されることはありません。
これは日本の医療保険制度が充実しているからなのですが、
それによって、ジェネリック医薬品をわざわざ選択するメリットが薄れているということです。


ただ、今後は日本でもジェネリック医薬品が普及していくことが予想されます。

その理由としては、日本の高齢化社会と健康保険の財政難です。


齢化に伴い、どうしても高齢者の健康保険料がかさむようになってきており、
国の財政を圧迫し始めています。
そのため、国としては、少しでも健康保険料を安く済ませてほしいため、
新薬よりもジェネリック医薬品を使用して欲しいわけです。

事実、国はこれまでに何度か、ジェネリック医薬品の処方箋様式を変更し、
ジェネリック医薬品を入手しやすい環境を整えてきています。

今後何年かすると、病院や薬局で当たり前のようにジェネリック医薬品を処方して
もらえるようになり、我々医療機関を使用する側としても選択肢が今より増える時代が
来るかもしれませんね。
(薬局ではジェネリック医薬品を使いますか?と聞かれるようにもなってきていますよね)



ホーム 初心者の方へ メルマガ登録 お問い合わせ