奥様を悩ませる 『妻だけED』 とは

妻だけEDとは?



だけEDという単語を聞いたことがありますか?

私(当サイト管理人)も、若者のEDについて調べているときに見つけた単語なのですが、
テレビでも紹介されたことがある位にはメジャーな単語のようです。

その意味を調べてみた所、読んで字のごとく
『結婚している夫婦において、旦那さんが奥様に対してのみ、
EDになってしまったかのように勃起出来なくなる事象』 のことでした。

つまり、夫婦として何年も連れ添ってきた奥さんに対してはち○こ が反応せず、
家庭外の女性やアダルトビデオの女優、ネット上のエロ画像などに
対しては興奮することができ、勃起もすると。
※妻だけED がそのまま浮気に繋がっているというわけではありません。


これだけ聞くと、奥様にとってはなんとも失礼な話だなと感じますよね(笑)


ただ、現在のストレス社会においては、EDは決して高齢の男性のみの問題では
なくなってきており、その症状も実に様々です。

その症状の中の1つとして、奥様だけに対してEDになってしまうということは
決して珍しくなく、事実、妻だけEDによって家庭が崩壊した、離婚したなんていう話も
少なからず聞きます。


テレビでこの「妻だけED」という単語が出た時は、
インターネットの検索回数が急上昇したというデータもあり、
妻だけEDで悩まれている夫婦(奥様だけの可能性も)は、意外と多いのです。




妻だけEDの原因とは?




だけED、それによるセックスレスの問題は、夫婦にとっては絶対に無視できない問題だと
考えておられる奥様は多いと思います。

ここからは、セックスレスの解消や旦那さんのEDの解決などを含めた、
妻だけED の解決策について記載していきます。

※あくまで参考程度にお考えください。
 すべてのケースに通じるわけではないため、必要であれば専門医の診察、カウンセリングを
 受診されるなどの対策をとってください。



さて、妻だけEDの原因については、実に様々な要因が考えられます。
場合によっては、奥様や旦那様の生まれ育った家庭環境などに
起因するケースもあります。

そんな中で、比較的多くの妻だけEDのパターンにあてはまるであろうと
思われれる原因には、以下のようなものがあります。



女性と男性がセックスに求めるものの食い違い
奥様の「母親化」




それぞれについて、どういうものなのか記載していきます。




女性と男性がセックスに求めるものの食い違いについて




れは何となく察しておられる方も多いと思いますが、
女性がセックスに求めるものが「安心」や「癒し」といったものなのに対し、
男性は性欲の発散や性的な刺激、興奮の獲得を目的としている部分が多いです。

女性の場合は、家庭に求めるものとセックスに求めるものが
ほぼほぼ同じなのに対し、
男性の場合は、家庭には「安心」や「癒し」を求めますが、
セックスには刺激や興奮を求めます。

そのため、そもそも女性と男性とでセックスすることに対する姿勢が
異なっており、そこに心理的なギャップができてすれ違うことになります。




性は外で働いているときは、言ってみれば「戦闘モード」のような
状態になっており、結構な緊張感を持ち、常にストレスにさらされているため、
その反動として、家庭には安心と癒しを求めます。

ここでもし、さらにベッドで刺激と興奮を求めてセックスする!となったとき、
家の外でも家の中でも「戦闘モード」になる必要が出てくるため、
男性は休むことができなくなります。

そんな中、「なぜセックスしてくれないの!?私は安心したいのに!」のような
感じで奥様から求められると、やはり旦那様としては応じにくいということになるのです。




奥様の「母親化」について




男性は基本的にマザコンです。

仮に夫婦の間に子供がいなくても、ある程度旦那様の身の回りのお世話を
奥様がしてしまっていると、男性は奥様のことを「母親」のように見るようになり、
性欲の対象としなくなる可能性があります。
※一部の特殊な性癖を除き、一般的に男性は母親に対して性欲は湧きません。

これにより、せっかく奥様から旦那様を誘ったとしても、
男性からすれば、そもそも性欲の対象となっていない人間から誘われていることになり、
気分が乗らない・・・ ということになってしまいます。




た、奥様の「母親化」にはもう一つ意味があります。

それは、女性自身の、見た目や振る舞いへの意識の低下です。

結婚前はダイエットやお化粧を頑張り、相手の男性のために
セクシーな下着を身につけたり、短いスカートを履いてみたり・・・といった
自分磨きをしていた方でも、結婚後にはパタリとしなくなったという方は
多いのではないでしょうか。

母親が子供と接する際に、わざわざ化粧したりオシャレしたりはしませんが、
それと同じ感覚で旦那様に接してはいませんか?

また、結婚後もダイエットしているし、エッチな下着も付けてはみている!という方も、
はたしてそれが旦那様のニーズ(求めているもの)にあっているのでしょうか?


例外はもちろんありますが、
女性の場合は、男性がセクシーな下着を着けていなくても、
あまり体型を気にしていなくても、意外とセックスはできてしまいます。

そのため、その意識のままで自分もイケると考えていると、
アッサリと男性の性欲対象から外れてしまう可能性がありますよ。


男性は「視覚で興奮する」生き物ですので、
まずは性的な刺激を旦那様の視覚から入れてやる必要があります。

このことを無視して、心の繋がりや安心について言葉で説明したとしても、
男性側の真の理解を得ることは難しいと言えるでしょう。




妻だけEDを放置することのリスク




かが 妻だけED によるセックスレスと言いたいところですが、
上述したように、この問題によって離婚まで至っているケースが/br> 少なからず存在しているのが現状です。

そのケースを色々見てみると、この状況に耐えられなくなっているのは、
旦那様側よりも奥様側が圧倒的に多いようでした。

ひどいものだと、旦那様は離婚の原因が妻だけEDやセックスレスにあることに
気づいていないケースもありました。


また、我慢できなくなって家を出て行くならまだよいですが、
中には浮気、不倫に走り、家族を裏切る結果になって
心身ともにズタボロになってしまっているケースもありました。

色々な要因が複雑に絡み合っていることもあるかとは思いますが、
妻だけED は、確実に治療したほうがよい問題だと言えるでしょう。


※妻だけED やセックスレスの解決策については、
別途説明のページをご用意いたします。